Loading...

株式会社プラグロウ PLUGLOW Inc.

  • home
  • twitter
  • instagram
  • facebook

Category: Journal

2022.6.2

無垢の床板を敷く

今日も、フォトスタジオ「MASHPOT」の施工です。

先日届いたマルホン社製のオーク無垢の床板を敷いていきます。

まず全体に敷くか、撮影部分だけに敷くか。これは購入時の悩みでしたが。これは、後から変更ができるようにということで後者に。壁が5mほどで奥行きは4mとっておおよそ20㎡分購入しました。

次に、ガッチリ貼ってしまうか、置くだけにするか。こちらも同じく変更ができるように後者に決定しました。これから撮影用途に応じてウォールナットのような色の濃い木材にするかもしれないし、タイルにするかもしれない。もしくは取っちゃうかもしれませんしね。

スタジオ運営は初めての事なので、できるだけ変更できる余地を残しておきます。


さて、では早速施工していきましょう!

今回は乱尺なので、大きさがまちまち。「最後の一列が異常に長い・短い」「一部だけ短いのが密集している」というような事態を避けるため、計画立てて敷いていく必要があります。

木目にもこだわって、写真に写りやすいところは木目が整っていて良い感じのものを、優先して採用しながら敷いていきます。節もありますが、味になるのでこちらも不自然にならないように考えて配置していきます。

敷いていきます。

ひたすら敷きます。

やっと完成!腕はパンパンですがスタジオの全景が見えてきました。

Back to previous

Loading...

株式会社プラグロウ PLUGLOW Inc.